直近の開催スケジュールはこちら

キャラ変身の術を身につけよう2

キャラ変身の術を身につけよう1のつづきです。

 

エッセイやコラムを読み続ける日々が続くと、さすがに疲れますよね。

そんな時は外へ出てみましょう。

という訳で、お次の秘儀。

 

【2】外出時には人物観察が必須です。

街には、人・人・人。人が溢れています。

男女、親子、ケータイで話すサラリーマン、友達、ペット連れ…。まさしく、人物観察の宝箱!

例えば雑踏で立ち止り、何かをしているフリをして、会話に耳を傾けます。

ファミレスなどで食事をしながら…というのもいいですね。食事中の会話は深い話しが多いですから。

すると聞こえてくるのは、ラブラブトーク、学校ネタ、ビジネス会話など。

様々なキャラクターがいて、キャラクターの数だけ日常があって、それは全て、大切なネタとなります。

「彼とデート中の女の子は、どんな言葉で可愛らしさを表現しているの?」

「携帯で話すサラリーマンの相手は一体誰?」

想像しながら、聞いてみます。

 

すると、キャラクターごとのリアルな『今』が見えてくるはず。

いま流行っている言葉、旬の話題..、

これらは、どんなに机の前でうんうん唸っていても、生み出せる物ではありません。

外に出て、人と触れあってこそ、得られるものです。

自分自身が誰かしらのキャラクターを演じる時、それらが素晴らしいネタとなります。

事実に即しているから、キャラクターからウソっぽさがなくなりリアリティが生まれます。

つまり、血の通った文章が出来上がるのです。

 

人を観察する。

いつ、いかなる所でも。

これが、意識せず自然と出来るようになった時、本物のライターになったのだと言えるのです。

 

キャラ変身の術を身につけよう3につづく

 

仕事に直結するプロライター養成塾はこちら