直近の開催スケジュールはこちら

笑えない!誤字・脱字・誤変換1

プロのライターである以上、誤字・脱字・誤変換は避けたいもの。

具体的にどんな誤字・脱字・誤変換が起こりやすいか、その実例と対象法をシリーズ記事でお伝えさせていただきます。

 

 

問題です。

以下の言葉・文章は、誤字・脱字・誤変換によるものです。(YOMIURI ONLINE・発言小町より引用)

本当に使いたかった言葉・文章は、何だと思いますか?

<Q>
・ 尾根が致します
・ ハイ離婚だ
・ 腹出し店長
・ 追って変装下さい
・ 下等さん
・ 鳥獣用!!
・ メールで痩身します
<A>
・ お願い致します
・ 入り込んだ
・ 原田支店長
・ 追って返送下さい
・ 加藤さん
・ 超重要!!
・ メールで送信します
これ、ネタなら面白いです。

しかし、他人事なら笑えるネタも、

実際自分の元へ来たとすると…。

本当に笑って済ませてくれる人は、そうそういません。笑いつつも、怒る、呆れる。

人の感情って、そんな物。

「この人、この文章、読み返して無いんだ。」

「片手間で作ったのかしら。」

そう感じてしまいますから。

 

誤字・脱字・誤変換。

 

ビジネスのメールや文書では、あってはならない事のひとつなのです。

 

以前、私の元にも、誤字メールが届いたことがあります。

間違っていたのは名前。よく「橋下さん」や「高橋さん」と間違えられます。

内心、良い気はしませんでした。

「人の名前を間違うなんて失礼ね!」と。

 

たった一文字のミスが大事な取引をダメにする。

そんな事も起こりえるのが、誤字・脱字・誤変換。

しっかりと認識しておきましょう。

 

 

笑えない!誤字・脱字・誤変換2につづく

 

仕事に直結するプロライター養成塾はこちら