直近の開催スケジュールはこちら

仕事ができるのに勿体ない○○な人

こんにちは、仕事に直結するプロライター養成塾主宰の橋本絢子です。

今日は私が様々な方と関わる中で、仕事のスキルは高い方なのになかなか収入につなげられなくて勿体ない人の傾向をお伝えします。

仕事はできる、やる気もある、営業もできて受注もできている、しかしリピートにつながらない・・・

そのような方によくあるパターンとして、凡ミスが多い、空気が読めない、お客様への配慮が足りないなどが挙げられますが、意外にも多いのが、本人が「怒りっぽい」ケースです。

女性の場合は更年期や生理周期などの影響もあるのかもしれません。

また、感情の動きを司る脳の前頭葉の機能も老化によって衰えやすいので、年齢が高くなるとともに、アンガーマネメントができなくなる人が増えることも納得できます。

キレやすい老人がいるのも、前頭葉の機能低下によるケースは少なくないでしょう。

私自身、仕事を通じて突然怒り出す人を何人か見てきました。

たとえばライターに仕事を発注するお客様が、ライターのミスや実力不足に怒るのはよくあることです。

ライター側が充分に注意することで、そのような事態を防ぐことができます。

しかし驚くのは、仕事を請ける側であるライターが、発注側であるお客様に、突然、怒り出すケースです。

驚かれるかもしれませんが、実際に私も何度か見てきました。

忘れもしないのが私が起業して間もない頃、仕事が増えてきたので、ネットで協力ライターを、募集していた時期がありました。

そこで応募してきたライターさんに、仕事をお願いしたら、とにかくライターさん達が怒る、怒る。

依頼の内容が分かりにくい、メールの返信が遅いなど、私にも落ち度はあったと思いますが、仕事を依頼をしてくださるお客様の方がずっと優しくて安心できました。

以来、ネットでライターさんを募集するのが怖くなり、それがプロライター養成塾を始めるきっかけにもなりました。

なぜかよく怒るライターさんに限って「仕事はありませんか?」とよく営業をしてきたりしたので(そこで依頼をしないとさらに怒る)、おそらく怒りっぽいから常に仕事にも困っていて、なかなかリピートにつながらない原因にも自分で気づいていないんだろうなと思います。

もしあなたが怒りっぽい性格でなければ、それだけでお客様にストレスを与えることなく、仕事のチャンスは豊富にあるでしょう。

怒りっぽい性格の方は、糖質の摂りすぎで血糖値が乱高下していたり、アルコールによる前頭葉の萎縮、ホルモンバランスの乱れなどが、影響しているかもしれませんので、食生活を改善して、タンパク質やビタミン、ミネラルなどの栄養を摂り、糖質を控え、日光に当たって幸せホルモンを増やすことをお勧めします。

プロライターとしての基礎知識を学びたい方、売れっ子ライター、コピーライターになるためにはどんなことが必要なのか?

詳しく学びたい方は仕事に直結するプロライター養成塾をご受講ください。