直近の開催スケジュールはこちら

ターゲットに合わせて文体を変える

「一生懸命、お仕事させて頂きました。丁寧な文章で仕上げたつもりです。」

と語るのは、Aさん。

とても真面目な方で、メールのやりとりもスムーズ。

過去のお仕事も見せて頂きましたが、文章に問題は感じませんでした。

そこで、許可を得て、お客様の詳細も伺うことに。

メールでのやりとりも拝見させて頂くと…。

そこに問題が潜んでいたのです。

 

お客様のご依頼はこうです。

「女子高生向けのサイトを作ろうと思っています。そのサイトの中でいくつかコラムを配置したいのですが、女子高生にウケる内容で数点、作って頂けないでしょうか。」

そして作成されたコラムを拝見。

スイーツやネイル、つけまつげなど、女子高生ウケしそうなコラムをたくみに作成され、内容はとても良い物だと感じました。

 

しかし…、文章が固いのです。

教科書のような…というか、丁寧すぎる、

せっかくの楽しい内容が小難しく感じてしまいます。

 

女子高生向けの内容を希望された時、やはり書き方も幼く、かわいくする必要があります。

 

そこをAさんにアドバイス。

すると、最初はとても戸惑っておられました。

文章の中にギャル語をちりばめ、やたら語尾を伸ばしたり、文字を小さく(ぁぃぅぇぉ)してたくさん付けたり、日常ではあまりやらない作業が増えるわけですから。

でも、一般的には日常でないことが、女子高生にとっては日常なのです。

 

その後Aさんは、

いろいろな世代の方向けの文章を書けるよう、勉強されているようです。

次のお仕事でスパイラルに飛び込めるよう、期待しています。

 

ターゲットに合わせて文体を変える。

それはライターにとって、必要不可欠な技能です。

 

仕事に直結するプロライター養成塾はこちら