直近の開催スケジュールはこちら

地方在住の人が新規の仕事を受注する方法

ビジネスを取り巻く環境は、刻一刻と変化しています。私が起業をしたときは、どちらかというとアナログな営業スタイルでした。インターネットからホームページ制作会社をリストアップして、電話をしたり、メールをお送りしたりして、アポを取って挨拶に伺っていました。

50%の確率でアポが取れました。そして訪問し、受注し、3ヶ月もしないうちに仕事で忙しくなり、その後はリピート・紹介のお仕事が中心となっています。

実はライターで、新規電話をしたり、メールでアポを取ろうとする人は、ほとんどいません。そのため、ライターを探している企業は多いのですが、どうやって出会えるのかが分からない・・・という状況です。

私もWeb制作会社でディレクターとして働いていたときに、フリーのライターさんを探すのに苦労をした経験があります。やる気のあるライターさんと出会えたらいいな・・・と思っていたので、いざ、自分がフリーライターになったときは、やる気をアピールするだけで、たくさんのお仕事をいただけました。

都会であれば、紹介でお仕事をいただくケースが多くなっていますが、地方であれば、既存のコミュニティに自分から飛び込んでいき、新しい風を吹かせる営業スタイルが、意外と喜ばれることも多いです。

 

仕事に直結するプロライター養成塾はこちら