直近の開催スケジュールはこちら

1記事1000円から卒業する方法

「1記事1000円ぐらいのWeb記事執筆の仕事からは卒業したいです。仕事量が多く忙しいのに、収入に満足できず、早くこの生活から抜け出したいです。どうすれば、単価の高いライティングの仕事を受注できるようになるのでしょうか?」
とご質問いただくことがあります。

インターネットを見ていると、Webライターの執筆料金の相場はある程度、決められているようです。しかし相場にとらわれず自分で決めた自分の価値を発信できれば、ライティング料金の単価を上げることは可能です。

1記事500円〜1500円の仕事から卒業し、単価の高いWeb記事執筆の仕事を受注するにはどうすれば良いのでしょうか?

ライティング料金の単価を上げるコツは「ネット上に出ている相場に影響されず、ライターのニーズがあるところから情報収集して仕事をいただけるよう働きかける」です。

ライターさんの中には、自宅にこもりきりで仕事をしている方も少なくありません。

情報収集源がインターネットのみになると、インターネットの情報に影響されて「今の自分はこの程度の価値しかない」と思い込んでしまいがちになります。

その思い込みを外すことからスタートです。

検索エンジン対策用のコラム記事やニュースサイトの記事執筆以外にも「講座・イベントのレポート記事作成」というニーズは少なくありません。

レポート記事は取材費を含めてまとまった金額で発注されます。どうすればイベント・レポート記事の仕事を受注できるのでしょうか?

手順は簡単です。

まず、ビジネスブログを始めます。ワードプレスでもアメブロでもかまいませんが、できれば両方をおすすめします。アメブロを書く場合は、数記事を書いておいてあらかじめ読者数も増やしておいた方が良いと思います。

そして、興味のあるセミナーやイベントに自腹で参加し、そのセミナーやイベントの講師や主宰者の方が喜ぶような内容の濃いレポート記事を書きます。

講師の方が自分のブログでリンクしたくなるような詳しくて魅力的なレポート記事にしましょう。

そのようにしているうちに影響力のある講師の方が、あなたのブログ記事を、自分のブログからリンクしてくれるようになります。

すると、それを見ている他の講師や主宰者の方が、あなたにレポート記事作成を仕事として発注したくなり、正式にお仕事として話をいただくかもしれません。

ここで大事なのは、ブログで、プロのライターと名乗ること。

プロのライターさんが、セミナーに申し込んでくれて、頼んでもいないのに素晴らしいレポート記事を作成してくれた。これだけで、講師の方はとても喜びます。

そして、何かしらの形で恩返しをしたいと思うようになるでしょう。

ビジネスで成功したいなら、まず自分から与えること、これは鉄則です。

普段からインターネットで情報収拾を行い、ピンときた講座やイベントがあれば、ぜひ足を運んでみてください。

影響力のある、人気講師の講座や人が集まってにぎわっているイベントがおすすめです。

今の自分を変えたいなら、今までと違った行動を取ることが大切です。

 

仕事に直結するプロライター養成塾はこちら