直近の開催スケジュールはこちら

プロは、すべてのお客様と一対一で向き合う

ライターは、医師や弁護士のように資格は必要のない職業。

あなたがライターだと自己紹介すれば、ただそれだけでライターになれてしまう。言ったもの勝ちの世界です。

でも、自分でライターと名乗るより、周りから、「あの人はライターだ」と認知されたい。ライティングの仕事だけで食べていけるようになりたい。それが本音ではないでしょうか?

という訳で、「あのライターさんに仕事をお願いしたい」とたくさんのお客様から思われる、売れっ子ライターになるために、大切な心構えをお伝えさせていただきます。

常に1対1であること

仕事は、次から次にやってきます。ひとつの事にかかりっきり…という訳にはいきません。

しかし、流れ作業であってはいけません。

例えそれが、たくさんある仕事の中のひとつの作業だったとしても、向き合う時は片手間ではなく、しっかりと正面から向き合いましょう。その丁寧さが、次の仕事へ繋がるのです。

 

 

少し前のことです。

友人が某会社から某商品の売り込みを受け、私が立ち合うことになりました。

訪れたのは、20代後半の男性営業マン。とても丁寧で、好感のもてる方でした。

しかし、商談の後、友人は渋い顔。「どうしたの?」と尋ねると、「あの人、初対面じゃないんだよね。」と友人。

以前にお会いし、名刺交換もしたことのある方だったとか。

でも、その方は友人の事を一切覚えておらず、まるで初対面のような態度であったという訳なのです。

 

友人は、その商品の取り扱いを見送りました。気分を害したからです。

営業マンにとっては、数多くの取引先のひとつだったのかもしれません。しかし、記憶にも残らない営業活動はいただけません。

ライターも同様、目の前にいるお客様一人一人に対して誠実に、全力で対応することを心がけましょう。

 

仕事に直結するプロライター養成塾はこちら