直近の開催スケジュールはこちら

お客様に「クオリティが低い」と言われた時の対処法

ライターデビューを果たし、順調に経験を積んでいるライターさんがぶつかる最初の壁。それは、自分の書いた原稿に対して、お客様から「クオリティが低い!」と言われることです。私のところにもよく相談が寄せられます。「ライターとしての自信を失ってしまいました。どうしたら良いのでしょうか・・・」と。

私自身も、10年もライターを経験していれば「クオリティが低い!」と叱られたこと、50回以上はあると思います。振り返ってみると自分でも「本当にあの原稿はひどかった」と思うときもあれば、今になっても、どこがダメだったのかよく分からなかったり、私自身の問題ではなく、営業担当者や代理店側との連携がうまくいっていないことが原因であったり。

 

いろいろな方と仕事をする中で、理不尽な怒りをライターにぶつけてくる人とも出会います。いちいち真に受けて落ち込む前に、感情的にならず、冷静になって、具体的にどうすれば良いのか、相手の方と話し合えると良いですね。

 

経験を積むにつれて、お客様の漠然とした注文の意図も分かるようになってきます。しかし、経験が浅いうちは自分のスキルに自信がないので、クオリティが低いと言われて落ち込むこともあるでしょう。どうしていいか分からない・・・八方ふさがりになったときは、いろいろな引き出しを提示できると強いです。

 

お客様は文章の素人ですから、どうしていいか分からなくて当たり前。「では、この雑誌のような文章の書き方でいきましょうか」など、自分からいくつかの引き出しを提示するのが、プロの仕事です。

 

プロとは、必要なときに、瞬時に、お客様のニーズに合った引き出しを提供できる人です。飲食店のシェフが、お客様に料理の作り方を質問しませんよね。というわけで、お客様が「クオリティが低い!」とお怒りになっていて、どこをどうしていいのか、お客様もよく分かっていないとき。これまでとは違った角度から「ではこういう方向性でいかがでしょうか?」と、完成系に近い事例を提示する。

もしくは必要に応じて第三者の力を借りるなど、スピーディーかつ効率的に、そして冷静に対処すること。その後は「自分はダメなんだ・・・」と必要以上に落ち込まずに、経験から学んだことを次のステップに活かす。このメンタリティを持つことで、ピンチをチャンスに変えることができるはずです。

 

仕事に直結するプロライター養成塾はこちら