直近の開催スケジュールはこちら

頭を寝かせる時間もあらかじめ計画に入れておく

コピーライティングの仕事は、パソコンとインターネット環境さえあれば、いつでもどこでもできるのがメリットです。

しかし、場所によっては集中できるときもあれば、なかなか集中できない場合もあります。

私は3年半にわたり、求人広告会社でライターをしていました。

同じフロアでは常に50名以上の営業メンバーが電話をかけていたり、集中して書こうと思っても、次々と営業メンバーからの修正依頼や、後輩からの相談が入ってきて、集中できる時間が取れないことがほとんどです。

集中が途切れ途切れになりながらも、原稿は完成させなければなりません。

そういった状況で書いた文章は、後から見直すと、基本的な部分でおかしなことになっている場合が多いです。

では、どうするか。

 

私は、集中できそうもない環境で書く前から、あらかじめ「頭を寝かし、クリアな状態で全体を見直す」時間も含めてスケジュールを組んでいます。

集中できない環境で書いた文章は、必ず、どこかで頭を休め、環境を変えて冷静になって見直さなければなりません。

クリアな状態で全体を見直す時間は早朝がオススメです。

お子さんのいる方は、ご家族が目を覚ます前の時間も良いでしょう。

 

私もときどき早朝の喫茶店で原稿の仕上げを行なっています。

集中できる場所で冷静になって原稿を見直す時間も、あらかじめスケジュールに組み込んでおくと、集中できそうもない環境で原稿を書くことになっても安心して仕事を進めることができます。

 

仕事に直結するプロライター養成塾はこちら