直近の開催スケジュールはこちら

エネルギーのこもった文章を書くためには、何が必要か

「神は細部に宿る」という言葉があります。
文章の一文字一文字に、魂を込めることで、文章全体が、エネルギーに満ちたものになります。

エネルギーの込められた文章には、
一文字一文字から、人間性、意気込み、覚悟などが、如実に現れています。

そのような文章を書けるようになるためには、どうすれば良いのでしょうか?

まずはインプット量を増やすことです。

その方法の一つが、読書です。
書籍のゴーストライティングを行うのであれば、著者さんの本はできるだけすべてに目を通しておいた方が良いです。ある専門分野のライティングを手がける場合は、関連書籍を3冊以上は読んだ方が良いでしょう。インプット量を増やすことで、アウトプットした文章が密度の濃いものになります。

しかし、インプットを増やすことは、あくまで行動です。

行動以前に大切なのは、大前提となる考え方です。
エネルギーに満ちた文章を書けるライターさんと、そうでないライターさんとの、考え方の違い。
それは、プロライターとしての覚悟です。

「この仕事に全力を注ぐ。失敗や甘えを自分に許さない」というつもりで、全身全霊のエネルギーをこめて、覚悟を決めて一生懸命に書いた文面は、とても力強く、想いが伝わります。文字の並び方や行間などからも、書き手のエネルギーが伝わってきます。

文才があることは、強みになります。
しかし、文章能力に長けているからと言って、売れっ子ライターになれるとは限りません。
一文字一文字から読み取れる「覚悟」「情熱」のエネルギーから、読み手の心を芯から揺さぶる文章が生まれます。

経験を重ねても、経験やスキルに甘んじず、目の前の仕事に自分の120%以上のエネルギーを注ぐつもりで、私も日々、新しい仕事に取り組んでいます。

 

プロのライターとして必要な熱意を学びたい方は、プロライター養成塾HPをご覧ください。

 

仕事に直結するプロライター養成塾はこちら