直近の開催スケジュールはこちら

売れっ子ライターになるための習慣

futuristic samurai standing on a building in cyberpunk city at rainy night, digital art style, illustration painting

こんにちは、橋本絢子です。

今日は売れっ子ライターになるための習慣をお伝えします。

プロライターには様々な仕事があります。

Webコンテンツ記事を書く仕事、セールスライティング、書籍執筆、取材(インタビュー)ライターなど。

そのいずれも、コミュニケーションスキルや文章力、営業力が求められます。

プロのライターとして収入を得ていくためには、仕事を受注するために営業すること、行動することがまず大事です。

自分がプロのライターとして収入を得ていく未来にコミットした上で、仕事を受注し、お客様に感謝されて、リピートや口コミで、さらにお仕事をいただくには剣を磨く習慣が必要です。

武道の世界では「十年一剣を磨く」という言葉があります。

自分の目標に向かい、10年間ひたすら一つのことに取り組むと、道がひらけてくる、という意味になります。

文章力を上達させる習慣を真剣に10年続けていれば、プロとして一生食べていけるレベルに到達するはずです。

ではプロライターはどのようにして自分の武器である剣を磨くべきなのか?

それは、とにかく人一倍、文章をインプットし、アウトプットすることです。

様々なジャンルに興味を持って本を読み、学んだことを文章でアウトプットすること。

ブログを書く習慣を持つのも良いでしょう。

また、本だけではなく、映画や漫画、音楽など、芸術やカルチャー全般を通じて感性を豊かにすることができます。

そして、プロのライターになると決めたからには、24時間、いかに自分の感性、スキルを高めるかを考えることが大切です。

クリエイターとして生きていくことにコミットし、その状態を楽しめる人が、プロのライターに向いていると言えるでしょう。

文章を書く仕事に正解はありません。

自分の感性を最大限に活かして人を幸せにしたい方は、ぜひこの世界に飛び込んでみてください。