直近の開催スケジュールはこちら

年齢を重ねることが、武器になる仕事

社会には、「若さが勝負」という場面、多いものです。

特に女性の場合は顕著に現れます。

接客業や受付などは、若い人の方が優遇されがち。

世の中とは年齢を重ねることに厳しい面が多々あります。

が、しかし、ライターの世界では、年齢とともに重ねた経験が、武器になります。

ライターにとって重要な要素のひとつである「経験 」。
人は、ただ何となく過ごしている日常の中でも、何かを見聞きし、吸収しながら日々を送っています。

それらひとつひとつが全て糧となり、いざ書く時に役立つことが、少なくありません。

人と話す。

本を読む。

出かける。

ライターにとって、そのすべてが「学び」であり、今後いつの日かの為の「ネタ元」です。

ライターという職業は、年齢を重ねることを楽しむことができて、さらに仕事に活かすことができます。

まだまだ若い方は、今のうちにしっかりとネタを確保することが大切です。

 

毎日の生活を、ネタ元だと意識しながら過ごせるか否か。そこがライターで成功できるか否かの分かれ道なのです。

 

仕事に直結するプロライター養成塾はこちら