直近の開催スケジュールはこちら

各コースを1日で完了にしている理由

こんにちは、橋本絢子です。

以下のご質問をいただきました。

こちらの講座は、どれも1日で完了なのでしょうか? そうだとした場合、1日で収入が得られる技術が身につくのでしょうか? 他のスクールは半年近いものがほとんどです。

各コースをそれぞれ1日完了にしている理由をご説明させていただきます。

行動のモチベーションは人それぞれだから

 
2010年より仕事に直結するプロライター養成塾を開催させていただき、他の講座やコンサルも合わせて500名以上の方々を指導させていただきましたが、行動するモチベーションは受講生様によって異なります。
 
ご受講の動機はさまざまですので、受講生様のモチベーションを講師がコントロールするのは難しいと感じております。
 
結論からお伝えすると、結果を出せる方は1日完了の講座でもすぐに結果を出すことができます。
 
それはその方の資質であったり、努力の習慣による部分が大きいです。
 
特に初心者・営業コース、文章力養成コースでは
 
 
  • どのように行動すると最短で結果を出すことができるのか
  • 効率的に無駄なく努力する方法
上記に焦点を当ててお伝えさせていただいております。
 

実践で学べるスピードは練習の10倍以上だから

 
世の中の多くの資格は、数ヶ月〜数年かけて座学で学んでからプロになるケースが多いと思います。
 
しかしライティングやデザイン、動画編集などのクリエイティブ系の仕事に関しては、実際に企業さんからお仕事をいただくことでスキルを身につけられるスピードは、練習の10倍以上です。
 
学校教育に慣れている方には新しい感覚かもしれませんが、職人の世界ですので、仕事を通じて学ぶことが本当に多いです。
 
ですので、ご受講後、なるべく早く企業さんからお仕事を受注していただけるよう、コースは1日完了にしてあります。
 
私自身がフリーランスになってからいち早く収入を得られるようになりたかったので、なるべく座学の講座に時間をかけないカリキュラムにしてあります。
 
着実に行動される受講生さんの場合は、1〜2ヶ月で初受注されるケースが多く、中にはご受講中のワークで初受注された方もいらっしゃいます。
 
ライターの仕事で最も大切なことは「いち早く仕事を受注すること」だと考えています。
 
文章力を身につけることだけではなく、企業さんとの信頼関係づくりもライターとして重要なスキルですので、なるべく時間をかけずに初受注するためのステップをお伝えさせていただきます。
 
 

「学んでいること」で安心するのを防ぐため

 
数ヶ月や半年のコースの場合、学んでいることで行動した気になる方も多い傾向です。
 
しかし、当講座は「仕事に直結するプロライター養成塾」という名称通り、いち早く行動していち早くお仕事を受注されることを目的にしています。
 
スキルを学ぶだけで満足し、行動に移せないでいては、意味がないと考えているからです。
 
先ほどもお伝えした通り、行動力のある方は、1日完了の講座ですぐに行動し、お仕事を受注し、実践を通じてスキルアップされていきます。ですので座学の講座を数ヶ月〜半年にするのは、あまり意味がないと考えています。
 
文章の添削は、文章力養成コースや取材実践コースで課題を出して行なっております。
 
実際に受注されたお仕事の添削もご要望があれば無料で承っておりますので、ご受講後もご相談いただけます。
 
 
 
以上になりますが、講座でお伝えする内容は多いので、お時間をかけてご自身のペースで学びたい方は、1コースずつ、期間を空けてご受講いただくこともあります。
 
なお、クリエイティブを仕事にする方法や企業さんとの関係の築き方、営業方法に関しては、私の著書でも説明してありますのでよろしければお読みくださいませ。